IR情報

IR INFORMATION

トップメッセージ

代表取締役社長 兼 CFO 柴田 裕亮

「終わりなき成長」を目指して
当社は、2007年に株式会社旅キャピタルとして現取締役会長の大石と現取締役CGO(Growth)の吉村にて共同創業され、 二度の商号変更( 2013年に株式会社エボラブルアジアへ、2020年1月に株式会社エアトリへ)を経て、今に至ります。 その間、2016年に東京証券取引所マザーズ市場へ上場、2017年に同取引所市場第一部へ市場変更をしております。 これまでの皆さまのご支援、ご高配に心から感謝申し上げます。

当社は、「One Asia アジア黄金期におけるリーディングカンパニーになる」の企業理念を基に、
アジア経済圏の中で生まれるあらゆる変化を事業機会として捉えて、「終わりなき成長」を目指しています。

当社の5事業である「エアトリ旅行事業」「訪日旅行事業」「ITオフショア開発事業」「ライフイノベーション事業」「投資事業」において、今後もより一層成長を加速させていきます。
エアトリ旅行事業については、これまでのマーケティング投資により認知度が大きく向上し、航空券領域ナンバーワンの総合旅行プラットフォームになっております。
エアトリ旅行事業に続く、事業の確立をすべく、「訪日旅行事業」「ITオフショア開発事業」「ライフイノベーション事業」 に取り組んでおり、いずれの事業も中核となる子会社の上場準備を進めております。

私たちは、新中期成長戦略「エアトリ5000」を掲げ、2019年9月期の取扱高約1,500億円から2024年までに取扱高5,000億円の達成に向けて、エアトリ旅行事業の徹底強化と新たな成長領域の発掘、確固たる経営基盤の強化を、全社一丸で推進してまいります。
株主・投資家の皆さまにおかれましては、今後とも、当社へのより一層のご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 兼 CFO柴田 裕亮




取締役CGO 吉村 英毅

当社は2007年に株式会社旅キャピタルとして創業され、2013年に株式会社エボラブルアジアと商号変更し、今に至っております。

エアトリ旅行事業と訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業、投資事業の5事業を主軸としており、市場自体が急速な伸びを示している事、またビジネスモデルにそれぞれ独自性があり、高成長を続けている事が特徴です。

急速に拡大、(経済圏として)統一されていくアジアにおいて、人、仕事、物、情報などの移動は一層加速していきます。当社はそこに生じるビジネス機会(人の移動=エアトリ旅行事業・訪日旅行事業、仕事の移動=ITオフショア開発事業)を収益化し、さらに成長を加速させていきます。

全てのステークホルダーの満足度向上を目指し、事業拡大・発展に邁進してまいります。ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いします。

取締役CGO吉村 英毅