ニュース

NEWS

カテゴリー / CATEGORY

月別アーカイブ / ARCHIVE

オンライン旅行
2016/09/06

春秋航空日本の成田-関空、就航開始に伴い 取扱い路線追加のお知らせ ~販売増に向け、営業協力も合意~

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、春秋航空日本株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役:鵜飼 博、以下、Spring Japan)の取扱い路線を追加いたしました。

従来から、当社はSpring Japanと認可代理店契約を締結し、また国内航空券予約サイトにて2016年1月20日よりシステム(API)連携を開始しており、「スプリング」「スプリングプラス」という2種類の運賃タイプの販売をしております。さらにこの度9月28日(国土交通省申請中)からの成田-関空路線就航に伴い、当社にて取扱う路線が追加となりました。

■今後の事業展開の内容
成田-関空路線は、Spring Japan初の乗り入れとなる路線であり、現在ジェットスター・ジャパン、Peach Aviationが就航しており、3社目の乗り入れとなることでLCC3社が競合する路線となることから、LCC航空券販売はより加熱すると予想され、同路線の販売も強化してまいります。

8月22日に発表した、「スプリングプラス」の取扱い券種追加に続き、この度の成田-関空路線の取扱い路線追加となり、今後は国際線の取り扱い、他社LCCの運賃タイプの取扱拡大など、販売する航空券の種類拡大を予定しております。また、訪日旅行事業において、国際線からの乗り継ぎ需要の取り込みを目指し、民泊利用者への交通手段として展開いたします。

当社は、国内航空券を主軸に旅行商材の比較サイト運営、旅行コンテンツのOEM提供、旅行商材の卸売、法人向け出張サービスの提供や、訪日旅行事業等を行う、国内航空券販売最大手の日系OTAです。

■Spring Japanとは
中国初の民間LCCである春秋航空股分有限公司のグループ会社として2012年9月7日に発足いたしました。成田空港を拠点とし、2014年8月1日に定期国内線を就航し、現在、成田=広島、成田=佐賀を毎日運航、又、2016年2月13日より武漢、重慶に定期国際線を就航しております。
本年8月20日より成田-新千歳間の就航、9月28日からの成田-関空間の就航が開始され、更なる利用客増加が見込まれます。

今後も当社はSpring Japanとの連携をさらに深め、より良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。

■業績へ与える影響
平成28年9月期の当社の業績へ与える影響は軽微です。

【株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区芝3-5-5 芝公園ビル6階
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村英毅
資本金:1,018,516千円(払込資本 1,842,032千円)
URL:http://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】
綜合旅行販売サイト TRIP STAR   :http://japanflight.tripstar.co.jp/
国内航空券予約サイト 空旅.com  :http://www.soratabi.com/
ビジネストラベルマネジメント事業   :http://www.evolableasia.com/service/btm.html
ITオフショア開発事業          :http://offshore.evolableasia.com/

【当社IRサイト】
http://www.evolableasia.com/ir


【春秋航空日本株式会社】
本社    :千葉県成田市公津の杜4丁目11番2号
社名    :春秋航空日本株式会社 (Spring Airlines Japan Co.,Ltd.)
代表者    :代表取締役 鵜飼 博
資本金    :114億円
URL    :http://jp.ch.com/