ニュース

NEWS

カテゴリー / CATEGORY

月別アーカイブ / ARCHIVE

投資事業
2017/08/02

AI×コールセンターやAI×ヘルスケア等の領域で事業を行う 株式会社NICホールディングスへの資本参加

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、AIを活用したコールセンターの運営やヘルスケアサービス等を展開する株式会社NICホールディングス(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:曽根邦夫、以下NIC社) の第三者割当増資を引き受け、資本参加いたしました。

■NIC社の概要
NIC社は、「今はない『10年後の当たり前』を創りたい」という思いの下に、ICT(デジタル)とリアル(アナログ)のマーケティング融合をコンセプトに幅広く事業を展開しております。
具体的には、ICT(デジタル)領域においては、創業来の主力事業であるコールセンター事業やインターネットサービス事業を実施しており、AI(人工知能)を積極的に活用した展開をしております。
リアル(アナログ)領域においては、海外ブランドの日本展開を実店舗にて行っております。
さらに、直近では、同社のこれまでのICT(デジタル)とリアル(アナログ)での事業ノウハウを生かし、代表の曽根氏が東京大学医学部出身であり、同氏が広く医療知識や人的ネットワークを有することからヘルスケア領域に参入しております。企業向け産業医サービスに加え、健康管理AIアプリの開発等AIを活用した予防医療等を展開しております。

■株式取得の背景・目的
この資本参画は当社の投資事業の一環での取り組みであり、NIC社の今後の成長によるリターンを期待しております。
また、NIC社のコンタクトセンター事業と当社のオンライン旅行事業との連携による当社コールセンターの運営・品質の向上や、同社の医療サービスの当社導入による福利厚生のさらなる充実化を図ってまいります。

今後も当社とNIC社は、より良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。

■業績へ与える影響
平成29年9月期の当社の業績へ与える影響は軽微と見込んでおります。同社の今後の成長による将来のリターンを期待しております。


株式会社NICホールディングス
本社 :東京都渋谷区道玄坂2-16-4 野村不動産渋谷道玄坂ビル 6階
社名 :株式会社NICホールディングス
代表者 :代表取締役CEO 曽根邦夫
資本金 :7,250万円
URL http://www.cpnic.co.jp/


【株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者 :代表取締役社長 吉村 英毅
資本金 :1,022,636千円(払込資本 1,850,272千円)
URL http://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】
総合旅行サービスプラットフォーム AirTrip https://www.airtrip.jp/ 
AirTrip海外航空券 https://overseas.airtrip.jp
綜合旅行販売サイト TRIP STAR http://japanflight.tripstar.co.jp/
国内航空券予約サイト 空旅.com http://www.soratabi.com/
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業 http://www.evolableasia.com/service/btm.html
ITオフショア開発事業 http://offshore.evolableasia.com/

【当社IRサイト】
http://www.evolableasia.com/ir/